海外FXの口座開設に必要な住所証明書類

海外FXの口座開設に必要な住所証明書類

海外FXは、国内FXとは違いレバレッジ規制がないことなどから、投資家の方の間で徐々に人気が高まっています。取引を行うために、メイン口座を海外FX業者に移行するという傾向も見られます。

 

その取引を始めるにあたっては、まず雑誌や実際に取引をしている投資家の方のアドバイス、またインターネットの口コミなどを参考にしてメリット、デメリットを理解した上で業者を選択します。FX業者を選択してから、口座開設となります。

 

口座開設には各FX業者のウェブサイトから自分で開設をする方法、代行業者を利用して開設する方法があります。自分で開設する場合の一般的な流れは、各FX業者のフォームに必要事項を入力してログインID、パスワードの発行を行います。

 

そして本人確認書類、住所証明書類などといった必要書類を提出することで手続きが完了し、取引を開始することができます。ただ、語学力がなくて自分で開設の手続きをすることに不安があれば、日本語で安心して利用することのできる代行業者で手続きをすると良いでしょう。

 

代行業者を利用して海外FXの口座開設をするにも、公式サイトから開設したい業者の専用登録フォームを開きます。必要事項を入力して送信すると確認メールが届き、必要書類はデータでアップロードします。

 

必要書類は業者によって異なりますが、大体がパスポートや運転免許書などの本人確認書類、住民票や公共料金の明細などの住所証明書類です。住所証明書類はいずれも発行から3ヶ月以内のものであるということが通常であり、また業者によっては英文で作られたパスポート認証書類の取得が必要となる場合もあります。

 

アップロード後は、代行業者が書類を確認して口座開設の手続きを行い、すべてが完了するとメールで連絡が入ります。このように、海外FXの口座開設手続きを日本語でわかりやすく進めることのできる代行業者ですが、中には利益ばかりを追求しているというところもあるようです。

 

慎重に海外FX業者を選択することと同様、多くの代行業者の選択についてもいろいろな情報を得て理解し、上手に利用することが必要です。



↓↓他社サイトでランキングをチェックしたい人は参考にしてみて下さい↓↓

海外FXランキング


アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト