海外FXの口座開設に必要な本人証明書類

海外FXの口座開設に必要な本人証明書類

海外FXで口座開設をする際には、必要書類を準備しなければなりません。その必要書類の種類は業者ごとにさまざまですから、よく確認して準備する必要があります。

 

一般的には本人証明書類や住所証明書類となりますが、双方がひとつずつ必要とされる場合、本人証明書類だけで良いという場合など、さまざまになっています。海外FXに口座開設をするときに、どの業者であっても必ず必要書類として用意しなければならないものは、本人証明書類です。

 

必要書類となる身分証として利用することのできものは一般的にパスポート、運転免許証、写真付き住民台帳といったものです。中には海外FXに口座開設をする際の必要書類となる本人証明書類としてパスポート、運転免許証、写真付き住民台帳のほかに各種の健康保険証、各種の年金手帳、各種の福祉手帳などでも有効期限内のものであれば問題なく証明に使うことができるという場合もあります。

 

そのほかに注意したい点は証明書のコピーを提出する際に、身分証類はカラーコピーでなければ受け付けられず、FAXも認められないというところもあるということです。運転免許証は、身分証明と住所証明のいずれにも利用することができる場合もあります。

 

併用することができず身分証として使用する場合には別の住所証明が必要であり、住所証明として利用する場合には別の顔写真入り身分証明書が必要になります。これも注意が必要ですから、あらかじめ情報を収集しておくよう心がけましょう。

 

身分証明書となるものについては、必ず有効期限内のものを準備する必要があります。間違いがないように確認し、カラーコピーやイメージリーダーなどでスキャンしてPDFとして提出することも可能です。

 

海外FXの業者の中には2種類の本人証明書類が必要になるところもあり、運転免許証などのほかに顔写真のついた証明書類が必要である場合もあります。口座開設をする際には、十分に確認しなければいけません。



↓↓他社サイトでランキングをチェックしたい人は参考にしてみて下さい↓↓

海外FXランキング


アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト