海外FXの最小取引単位

海外FXの最小取引単位

海外FXのメリットが話題になることも多くなってきました。いろいろな面から国内業者と海外業者を比較することができるため、自分にとってメリットが多いと思われる業者を選ぶようにすると良いでしょう。

 

最小取引単位も業者を選ぶために比較すべき大切なポイントであり10,000通貨、1,000通貨、100通貨などといった単位で業者ごとに決められています。いくつかの海外FX業者を見てみると、10,000通貨単位を最小取引単位としている業者が多いようです。

 

しかし1,000通貨という業者も見られるため、いろいろな面を比較検討してみることをおすすめします。通貨単位という言葉が初心者には多少わかりにくいところですが、日本円でいえば1円、米ドルならば1ドル、英ポンドなら1ポンドということになります。

 

ドルで1万通貨単位ならば、現在のレートで日本円に換算すると約800,000円ということになります。初心者の場合には特に、できるだけ少額の投資にしたいというところもありますから、最小取引単位が小さいことはひとつの魅力です。

 

海外FXの場合にはレバレッジに規制がなく100倍、200倍といった業者が当たり前にありますから、実際にはずっと少ない資金で取引することができます。たとえばレバレッジが200倍であれば、800,000円相当で10,000ドルの取引をすることは、2,000円の証拠金によって可能となります。

 

同じ最小通貨単位でも、国内業者の場合にはレバレッジが25倍までに規制されているため、同様の取引をする場合に必要な証拠金としては32,000円が必要です。ただし、口座を開設するときの初回入金金額は一定の金額に設定されていることが多いため、証拠金として使用しなくてもある程度の金額が必要ではあります。

 

これは業者によって異なるためよく調べてから、またいくつかの海外FX業者を比較した上で口座を開設するようにします。また、海外の業者ではさらにレバレッジが高い場合もあるため、その分リスクは大きくなりますが、少ない元手で取引を始めることが可能です。

 

海外FX業者を選択する場合には、英語がわからない場合には日本語のサポートの有無なども考慮に入れる必要があります。



↓↓他社サイトでランキングをチェックしたい人は参考にしてみて下さい↓↓

海外FXランキング


アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト