Pepperstone

Pepperstone

Pepperstone

サブプライムローンやリーマンショックといった問題があり、世界経済は大きな打撃を受けました。最近ではヨーロッパ経済の信用不安などがあり、世界経済が大きく変化しています。

 

このような中で、注目を集めているFXがPepperstoneです。Pepperstoneは、オーストラリア証券投資委員会によって認可を受けています。

 

2010年に営業が開始されたということでまだ新しいFX会社ですが、スプレッドが狭いことと入金や出金が迅速であることから、海外で高い評価を受けています。もちろん、日本の投資家からも圧倒的な人気を誇っています。

 

Pepperstoneでは、すべてのアカウントタイプでノンディーリングディスク方式を採用していて、スプレッドを狭く抑えています。一般にノンディーリングディスク方式では手数料が高くなる場合も多いのですが、Pepperstoneの場合はそのようなこともありません。

 

そのため、短期か中期の取引をする方に向いているということができるでしょう。『スタンダードアカウント』、『RAZORアカウント』はいずれもマイクロロット、円口座に対応しています。

 

スタンダードアカウントは手数料が無料であり、スプレッドもほかの業者と比べて低く抑えられています。RAZORアカウントは、2012年5月1日からスタートしました。

 

わずかな手数料は必要ですが、スタンダードアカウントに比べてもさらに狭いスプレッドで取引することができます。Pepperstoneのレバレッジは、400倍となっています。

 

パソコンで取引することができるほかスマートフォンにも対応しており、その顧客サービスにも定評があります。また入金、出金が速いということも特徴です。

 

このことにより、日本から投資するチャンスを活かすことができます。それらに加え、安定した約定力も投資家の支持を集める要因となっています。

 

サポートについての心配もありますが、日本語サポートディスクについてはすべて日本人スタッフが対応してくれます。

 


Pepperstone記事一覧

Pepperstoneのスタンダード・アカウント

Pepperstoneは、オーストラリア証券投資委員会に認可を受けて2011年に営業を開始したFXの業者です。 Pepperstoneが世に出たときの反響は大きく、手数料が無料であること、日本のどの業者よりも狭いスプレッドによって取引を行うことが可能であるということで、大きな衝撃となりました。Pep...

≫続きを読む

 

Pepperstoneのレイザー・アカウント

Pepperstoneは、大手の海外ブローカーが撤退するという激動の時代に登場したFX業者です。オーストラリア証券投資委員会の認可を受け、2010年から営業しています。Pepperstoneでの取引は手数料が無料であり、スプレッドが日本国内のどの業者と比べても狭いということから、話題になりました。開...

≫続きを読む

 

Pepperstoneの評価

Pepperstoneは、開業から間もないオーストラリアのFX会社です。海外の大手ブローカーが撤退している中で現れた歴史の浅い会社ですが、トレーダーからの評価が高くなっています。それを支えているのはスプレッドが狭いこと、最大で400倍となる高いレバレッジなどです。Pepperstoneで取引をすると...

≫続きを読む

 


↓↓他社サイトでランキングをチェックしたい人は参考にしてみて下さい↓↓

海外FXランキング


アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト